2-2の延長十回1死三塁の好機、前原の1番高江洲翔は1ボール2ストライクに追い込まれた。大川基樹監督は「打てていないし、ここはスクイズしかない」と迷わずサイン。高江洲は戸惑いながらも「チームのために」と切り替え、読み通りのスライダーを糸満エースの前に転がした。