未来沖縄が昭和薬科大付属を下し、創部半年で待望の沖縄県大会初勝利を挙げた。 初回に中越え適時二塁打を放ち、4打数3安打と活躍した5番下地晃之介は「狙い球を絞り、チームとしてつなぐバッティングを心掛けた。やっと勝てた」と頬を緩めた。 犠打、スクイズなど小技も絡めて11安打で5得点。