【名護】名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前で、新基地建設に反対する市民が拠点としているテントに男女約20人が19日深夜から20日未明にかけて押し掛け、横断幕を切るなどした事件で、ヘリ基地反対協の安次富浩代表は20日午前、被害届を名護署に出したことを会見で明らかにした。安次富代表によると、けが人が2人出ており、名護署が器物損壊と傷害の疑いで対応するという。

壊された座り込みテントの鑑識活動をする警察官=9月20日午前6時50分頃、米軍キャンプ・シュワブのゲート前

 現場のテント内は、新基地建設反対を訴える横断幕やのぼり、ゴザなどが切り裂かれたり、机やいすなどもひっくり返されていた。20日早朝から、警察が現場の鑑識や、市民立ち会いのもとで実況見分を行った。午前9時20分現在も続いている。

 安次富代表や複数の市民によると、押しかけた男女は19日午後10時半ごろから、「テントをどかせ」などと罵声(ばせい)を浴びせて押しかけた。カッターナイフを手にテント内へ入り、横断幕を切るなどしたという。20日午前0時過ぎまで、市民たちともみ合いになるなど騒然とした。

 安次富代表は「意見の違いはあるが、このような暴力は社会的常識から逸脱しており、民主主義の否定だ」と強く非難した。

 複数の市民によると男女は、19日午後4時ごろからゲート前テントで写真を撮ったり、スクーターで走行するなど嫌がらせを始め、午後6時ごろから、辺野古交差点近くの空き地で酒盛り。19日夕方からは街宣車に乗って嫌がらせを始めた。同日午後6時ごろから、複数の市民が警察に複数回通報し対応を求めたが「思うような対応がなかった」という。

 もみ合いで顔面を殴られ頸椎(けいつい)捻挫のけがをした男性(49)は「目の前でバンバン壊されているのに警察は対応せず、逆に止めようとした私を抑えた」と強く批判した。