サッカーの明治安田J3は20日、各地で第29節が行われた。5位のFC琉球は県総合運動公園陸上競技場で11位のグルージャ盛岡と対戦し、1-1で引き分けた。

FC琉球-グルージャ盛岡 後半33分、FC琉球の朴利基がヘディングシュートを決める=県総合運動公園陸上競技場(渡辺奈々撮影)

 前半は両チームともに決定機を逃し、無得点で折り返した。後半、琉球は守備陣が連係ミスを突かれ、8分に先制点を献上。勢いづいた盛岡攻撃陣にカウンター攻撃を仕掛けられ、劣勢が続いた。だが同33分、MF富所悠の左CKからDF朴利基がこぼれ球を頭で押し込んで同点に追いつき、連敗を免れた。

 通算成績は11勝6分け10敗で勝ち点は39。順位は5位のまま。次戦は23日、神奈川県ニッパツ三ツ沢球技場で、13チーム中最下位のYSCC横浜と対戦する。