今季1勝1敗と星を分け合う11位盛岡をホームに迎えた5位のFC琉球は、終盤の粘りで何とか引き分けに持ち込んだ。格下相手に勝ち星を奪えず、琉球の薩川了洋監督は「先制されたがよく追いついた。勝ち点1を取る最低限の仕事をしてくれた」と胸をなで下ろした。 前半は琉球がボールを支配。