名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で19日夜から20日未明にかけ、新基地建設に反対する市民のテントが襲撃される事件があり、名護署は20日、新基地建設に抗議する男性(49)に暴行を加えたとして、傷害容疑で土木作業員(40)、フェンスに結びつけた横断幕を引きちぎったとして、器物損壊容疑で建築作業員(32)、塗装工(34)の3人を緊急逮捕した。

プラカードなどが散乱する辺野古新基地建設に反対する市民のテント村で、鑑識作業をする警察官=20日午前7時ごろ、名護市辺野古、米軍キャンプ・シュワブゲート前

 現場にいた市民によると、容疑者らは政治団体の街宣車数台で現場に乗り付けてきたという。

 調べでは土木作業員の容疑者は「私は人を殴っていません」、建築作業員の容疑者は「無我夢中だったので覚えていません」などと容疑を否認している。塗装工の容疑者は容疑を認めている。

 同署などによると、塗装工の容疑者は19日午後10時50分ごろ、建築作業員の容疑者は20日午前0時20分ごろ、基地のフェンスに結びつけられた横断幕を引きちぎり、損壊した疑い。

 また、土木作業員の容疑者は同日午前0時17分ごろ、男性の顔を1回殴り、顔面打撲の傷害を負わせた疑い。逮捕時、呼気からアルコールが検知されたという。

 目撃者によると、容疑者を含む男女20人余が19日夜から20日未明にかけて、現場に街宣車などで乗り付け、カッターナイフを手に市民のテントに押し入った。罵声を浴びせながら横断幕やのぼりを切るなどしたという。市民との激しいもみ合いもあり、複数の市民が打撲や捻挫などのけがをしたという。

 20日は早朝から警察の鑑識活動や、市民立ち会いの実況見分が行われた。