フルスイングの美来工科打線が沖縄尚学をのみこんだ。3投手から12安打で10-0の五回コールド勝ち。下馬評を覆す快勝に眞玉橋元博監督は「取って5点、3点は取られると覚悟していた。出来過ぎです」と、興奮を隠せなかった。 沖尚の先発左腕、諸見里俊の130キロ台の直球を狙った。二回、単打4本で2点を先制。