宮古は0-4の四回、打者一巡で5点を挙げ、逆転に成功した。瀬名波幹智監督は、変化球を多投する首里先発の攻略法として「外のスライダーを捨て、甘い球に絞れ」と指示。1死から3番下地一平が左中間二塁打で口火を切ると、5番与那覇凜の左前打や7番友利洋介の犠飛、8番上原健史の二塁打で追い付いた。