9秒でまるわかり!

  • アカマタが共食いしている貴重なシーンを国頭村の男性が撮影した
  • 2匹とも1メートル以上あり、強く締め付け合い動けなくなっていた
  • 専門家「貴重な映像。小さい方が死なず戸惑っているように見える」

 【国頭】沖縄県国頭村奥の路上でアカマタ2匹が絡み合ったまま動けなくなっている場面を、同村の嘉陽宗幸さん(62)が撮影した。「どっちがどっちか、意味が分からん」。写真展に出品し、「何蛇(なんじゃ)これ!?」とタイトルを付けた。(阿部岳)

絡んで動けなくなった2匹のアカマタ。右上に1匹の頭が見える=7月19日午前8時すぎ、国頭村奥(嘉陽宗幸さん提供)

 撮影したのは7月19日午前8時ごろ。嘉陽さんは日本ウミガメ協議会の会員として村内の浜を毎日調査していて、この日もその途中で路上に30センチほどの塊を見つけた。車を降りると、アカマタ2匹が互いに強く締め付け合って動けなくなっていた。

 膠着(こうちゃく)状態は30分ほど続き、嘉陽さんが棒でつつくとほどけて離れていった。2匹とも1メートル以上はあったという。嘉陽さんは「ヘビは本当は大嫌いだけど、あまりにも珍しく不思議で、見入ってしまった」と笑った。

 ヘビに詳しい県衛生環境研究所の寺田考紀主任研究員は動画を確認し、「共食いの貴重な映像だ。大きい方が小さい方を絞め殺して食べようと思ったのに死なず、戸惑っているように見える」と話した。

 写真は国頭村の環境省やんばる野生生物保護センターで開催中の「やんばる写真展2015」で、他の38点とともに10月4日まで展示される。

【アカマタ共食いの貴重な映像】ヘビが苦手な方はご注意ください。