小禄は九回1死から3点を献上したが、那覇国際の反撃を断ち、4-3で逃げ切った。 1番崎原大輝が六回に放ったランニングソロ本塁打が決勝点となった。内角低めの直球を左中間へはじき返した。「抜ける。三つ行こう」。三塁コーチャーがぐるんぐるん腕を回すのを見て、三塁ベースも蹴って本塁を陥れた。