デパートリウボウで開催中の「アートアクアリウム展~沖縄・金魚の結~」(主催・琉球朝日放送、沖縄タイムス社、リウボウインダストリー)の入場者が22日、1万人に達した。同展は11月15日まで。

来場者1万人となった、新垣正史さん(右)の家族ら=22日、那覇市・パレットくもじ

 1万人目は、南風原から訪れた新垣さん一家。東京で開催された同展の評判を聞いていた新垣瑠奈さん(30)は「息子も興味を示すかと思い、楽しみにして来た。1万人はびっくりで、うれしい」と喜んだ。

 夫の正史さん(34)、息子の史悠(しゅう)君(1)、瑠奈さんのめいの心彩(しあ)ちゃん(5)、おいの琳生(りう)君(2)、母の留美子さん(61)が一緒に楽しんだ。

 琉球朝日放送の上原直樹常務取締役から、記念品の金魚のぬいぐるみなどを贈られたのは心彩ちゃん。巨大な金魚鉢で約千匹の金魚が泳ぐ目玉作品「花魁おいらん」が印象的だったといい、「一番きれいだった」と笑顔で話した。