気象庁によると23日午前3時、フィリピンの東にあった熱帯低気圧が台風21号になった。台風は時速約15キロで西に進んでいる。中心の気圧は996ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートルで、中心の西側390キロ以内と東側280キロ以内では風速15メートル以上の強風が吹いている。台風が西寄りの進路を取れば、沖縄地方に接近するおそれがある。

台風21号の進路予想図(気象庁HPから)

 台風は発達しながら26日午前3時には日本の南の海上に接近する見込み。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルが予想されている。この方面の船舶に十分な警戒を呼び掛けている。【タイムス+プラス編集部】