恒例の新春闘牛の第2弾、新春若手花形大闘牛大会(主催・胡屋闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が2日、うるま市の石川多目的ドームで行われ、会場に詰め掛けた大勢の闘牛ファンや観光客らは猛牛の激闘に大きな声援を送っていた。 注目のシーの大一番戦は3連勝の荒波に乗る丸昇組神龍と百戦錬磨の神風ガン太が激突。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。