八重山の1番川満拓也が、2安打3打点の活躍でチームを13年ぶりのベスト8に導いた。 まずは二回。2死二、三塁から内寄りの直球を「つなぐ意識しかなかった」と、逆らわずに中前へ運び2点を先制、主導権を握った。 5-2で迎えた八回1死三塁、再び好機で打席が回ってきた。