台風21号は24日午前9時現在、フィリピンの東にあってほとんど停滞している。中心の気圧は992ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルで、少しずつ勢力を増している。

台風21号の進路予想図(24日午前9時現在、気象庁HPから)

 27日午前9時には沖縄の南に達し、中心気圧965ヘクトパスカル、最大風速35メートル、最大瞬間風速50メートルの「強い」台風となる見込み。予報円の中心から半径440キロ以内では風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがある。【タイムス+プラス編集部】