スイス・ジュネーブの国連人権理事会で辺野古新基地建設問題を訴えた翁長雄志知事は24日夜、経由地の東京から沖縄に戻った。那覇空港で与党県議や市民の出迎えを受けた翁長知事は「国際社会の中で基地問題をみてもらう。大きく動き出そうとしている」と述べ、新基地建設阻止へ決意を新たにした。

那覇空港に到着し国連人権理事会での演説について報告する翁長雄志知事(中央)=24日午後7時すぎ