2018年(平成30年) 4月23日

沖縄タイムス+プラス ニュース

「県民の理解が得られない」 翁長知事、あらためて辺野古阻止の方針

 沖縄県の翁長雄志知事は4日、県職員に向けた年頭あいさつで、沖縄防衛局が進める名護市辺野古の新基地建設を阻止する考えを重ねて示した。知事は「県民の理解が得られない新基地建設を進めることは絶対に許されない」と強調。「辺野古に新基地を造らせないことを県政運営の柱とし、県の有するあらゆる手法を用いて取り組む」と決意を示した。

年頭あいさつで新基地建設阻止の考えを改めて示す翁長雄志知事=4日午前、県庁

 また、昨年相次いだ米軍による事件・事故に触れ、「県民の安全、安心な生活を脅かす状況がいまなお続いており、沖縄の過重な基地負担の軽減にはほど遠い状況にある」と指摘した。

 また、好調な観光や情報通信産業に今後も注力する考えを示し、2021年度末に期限が切れる沖縄振興特別措置法を念頭に「県の新たな発展戦略を練っていく。全部局職員の協力をお願いしたい」と呼び掛けた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間