新春闘牛の第3弾、新春南部大闘牛大会(主催・南部闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が3日、うるま市の石川多目的ドームで開催され、大勢の闘牛ファンに交じって観光客も初めて見る沖縄闘牛の醍醐味(だいごみ)を堪能していた。 注目のシーの大一番は共に復活を懸けた不死鳥と辺土名牛(志)が激突。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。