【東京】山口俊一沖縄担当相は25日午前の閣議後会見で、政府が名護市辺野古の新基地建設の予定地に近い辺野古、豊原、久志の「久辺3区」に直接的に振興費を支給するなどの新たな振興策を検討している事実を認め、「地元のご要望にお応えしたい。今の枠組みではお応えしにくい」との考えを示した。

 予算規模や措置の時期、内閣府のかかわり方などは「そこまで詳しくは煮詰まっていない」として、今後開催される久辺3区と政府との第2回の会合で具体的な内容が議論される見通しだと説明した。

 また、翁長雄志知事が国連人権理事会で辺野古新基地建設反対を訴える演説をしたことに、「いろんな機会を通じて訴えたい気持ちは分かるが、人権問題としてはそぐわないのでないか」との認識を示した。