【竹富】沖縄県竹富町は25日、国の特別天然記念物・イリオモテヤマネコの保全活動啓発を目的に4月15日を「イリオモテヤマネコの日」と制定した。発見から50年を迎える記念事業の一環。

国の特別天然記念物・イリオモテヤマネコ

 会見した川満栄長町長は「大自然の象徴で、学術的にも貴重なイリオモテヤマネコを未来に残すため保全をさらに進めたい」と語った。

 1965年4月15日は、イリオモテヤマネコが新種と公表された日。制定に向けた町民への意見募集の中から同日を選定した。

 同町は今年、ツシマヤマネコが生息する長崎県対馬市との共同宣言や同市の高校生を招く事業を実施する。川満町長は「対馬との相互交流を進め、西表島ではヤマネコの交通事故防止をどう防いでいくか、県や国と協力して取り組みたい」と話した。