強い台風21号は、25日午後9時現在、フィリピンの東にあり、ゆっくりとした速度で北西に進んでいる。今後、勢力を強めながら先島諸島方面へ向かう見込み。 沖縄気象台によると、26日の夜遅くから先島諸島、沖縄本島地方ともに風が強まってくる。先島諸島は27日に強風域に入り、27日の夜から28日未明にかけて暴風域に入る恐れがある。本島地方は27日ごろ強風域に入る見込み。本島地方が暴風域に入る可能性は低い。

 中心気圧は970ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は35メートル、最大瞬間風速は50メートル。北側にある高気圧や上空の風の影響で迷走しているとして、気象台は今後の進路に注意を呼び掛けている。

 沖縄旅客船協会は26日の鹿児島航路の運航について、同日の天候によって判断するとしている。