昨年、日本ボクシング界に超新星のごとく現れた世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者の比嘉大吾(22)=14戦全勝全KO、宮古工業高出、白井・具志堅スポーツ=。2018年は2月に地元沖縄での防衛戦に始まり、日本記録15連続KO勝利の更新、さらには米国進出と、より大きな目標が広がる。