県が米軍普天間飛行場の返還に向け、名護市辺野古の新基地建設を伴わない、県独自案の作成に着手した。翁長雄志知事は新基地建設を阻止する姿勢を崩しておらず、新たな提言を通して、米側に辺野古以外の選択肢を検討させるのが狙いだ。