【平安名純代・米国特約記者】米軍事紙マリンコー・タイムズ(電子版)は23日、米海兵隊が来年から全兵力の15%をアジア太平洋地域に配備し、日本や韓国、モンゴルやオーストラリアなど約22カ国との合同訓練などを展開すると報じた。 米太平洋海兵隊のトゥーラン司令官(中将)が同紙のインタビューに応じた。