県内の神社などは元日から、新年の門出を祝う家族連れや観光客などの初詣客でにぎわった。 那覇市の波上宮では1日正午ごろ、本殿へ続く長蛇の列ができていた。さい銭を投げ入れて手を合わせた後は、絵馬に「合格祈願」「家内安全」などと書き込んだり、縁起物やお守りを購入したりしていた。