今年最も大きく明るく見える満月「スーパームーン」が2日未明、県内各地で観測された。国立天文台によると、今年最も小さく見える満月(7月28日)に比べて、直径は14%大きく、30%明るく見えるという。 月の軌道は太陽や地球などの重力を受けてわずかに変化するため、月が地球に最も近づく位置は毎回異なる。