2018年(平成30年) 1月17日

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回

1990年【沖水0−1天理】(上)なぜ…幻の同点打 守備位置の謎 初の決勝戦、何か違った

 1990年、第72回全国高校野球選手権の決勝。0−1の九回裏2死二塁、沖縄水産の9番横峯孝之が放った矢のような打球は、天理の外野手の頭上を越す同点打となる、はずだった。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

球児たちの1世紀 夏の甲子園100回のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間