糸満市大里にある産業廃棄物中間処理業者「富士盛産業」で2日に発生したリサイクル工場の全焼火災で、当時工場内で小型の重機を操縦していた男性従業員が「重機の下から煙が上がった」と話していることが3日、糸満市消防本部への取材で分かった。糸満署と同消防本部は4日に実況見分し、出火原因を調べる予定。