県は大規模な地震や津波などの発生に備え、県の防災対策を強化する。東日本大震災や九州北部豪雨などの災害規模の大規模化を受け、現在の防災態勢では情報収集や県内部の横の連携が不十分と判断。年度内に「県地域防災計画」の改定に踏み切る。