沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では26日、早朝から新基地建設に反対する市民ら約50人が、ゲート内への工事車両の進入をチェックした。

県警機動隊と市民の小競り合いの中で、男性市民が道路に倒れ込み、気分の悪さを訴えた=26日午前8時半ごろ、名護市キャンプ・シュワブ旧ゲート前

 午前8時半ごろには旧ゲート前で、市民ら数人が車両を入れようとする沖縄県警の機動隊にごぼう抜きにされた。もみ合いの中で道路に倒れ込んだ市民の男性が気分の悪さを訴え、救急車で病院へと搬送された。

 海上では台風21号の影響で波が高く、抗議行動は行われなかった。