強い台風21号は、26日午後6時には沖縄の南にあり、時速20キロで北西へ進んでいる。27日から28日にかけて非常に強い勢力となって先島諸島に近づくおそれがあり、沖縄気象台は早めの台風対策を呼び掛けている。

台風21号の進路予想図(気象庁HPより)

 台風の中心気圧は955ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 沖縄地方の沿岸の海域は、27日にかけて次第に大しけとなり、先島諸島では猛烈にしける見込み。高波への厳重な警戒が必要。

 沖縄地方では、台風との間で気圧の傾きが大きくなるため、先島諸島と大東島地方では26日夜遅くから、沖縄本島地方では27日明け方から風が強く吹くことが予想される。