【糸満】市教育委員会はこのほど、全国的に問題となっている教職員の長時間労働の抑制に向けて、ICカードを使って出勤・退勤時間を把握するシステムの導入方針を示した。豊見城市で導入例がある。