自民党の成人年齢見直しに関する特命委員会が、20歳から18歳に飲酒や喫煙の解禁年齢引き下げを検討していることに、波紋が広がっている。