【和歌山国体取材班】第70回国民体育大会「2015紀の国わかやま国体」第1日は26日、和歌山市紀三井寺公園陸上競技場で総合開会式があり、沖縄県選手団は、本番での奮闘を誓い合った。県勢は27日、11競技に出場する。

総合開会式で、健闘を誓い合う県選手団=和歌山県の紀三井寺公園(松田興平撮影)

県選手団の旗手を務めたリュー理沙マリー(中央)

総合開会式で、健闘を誓い合う県選手団=和歌山県の紀三井寺公園(松田興平撮影) 県選手団の旗手を務めたリュー理沙マリー(中央)

 開会式に先立ち、結団式が行われ、神谷育雄団長(県体育協会副会長)は「闘志を前面に出し、一人一人が十分に力を発揮してほしい」と激励。選手たちはガンバロー三唱で拳を突き上げ、気合を入れた。

 相撲少年男子で団体副将の宮里海舟(中部農高2年)は、初の国体に胸を膨らませる。「立ち合いで思い切りぶつかり、勝って大将につなげたい。団体3勝して、個人トーナメントに進み、強豪と当たるのが目標」と意気込んだ。

 「開会式に出るのは初めて。ワクワクする」と語るのは、フェンシング成年男子の大田朝仁(金秀アルミ工業)。3年連続3度目の出場で「成年はメンバーが集まりにくい中、月1回の合同練習で力を付けてきた。ベスト8に入りたい」と目標を掲げた。

 27日の初戦で愛知県と対戦するテニス少年男子の澤岻祐太(沖尚高2年)は、「強豪相手だが全力を尽くす。守ってチャンスをつくって攻めたい」と話した。

 公開競技の高校野球には、興南が春夏の甲子園を連覇した2010年以来の出場となる。比嘉龍寿は「3年生最後の公式戦なので、とても楽しみ。一つでも多く試合をしたい」と力を込めた。

■女子テニス リュー「V狙う」

 旗手の大役を務めたテニス少年女子のリュー理沙マリー(沖尚高3年)。156センチ、45キロと細身で「旗が結構重かった」と苦笑いしつつ、「なかなかできないこと。いい経験になった」とほっとした表情を浮かべた。

 夏の全国高校総体でダブルス優勝、シングルス準優勝を飾った。団体戦の国体は昨年準優勝。再び沖尚高の下地奈奈とコンビを組むことし、頂点への期待が高まる。

 「総体が終わってからも気持ちを切らさずにやってきた。去年は挑戦者で、ことしは期待されているのが分かる。気を抜かず、優勝を狙いたい」と話した。