3番手で好投した右腕が、バットでサヨナラ勝ちを呼び込んだ。両チーム譲らず、0-0で迎えた延長十三回裏2死三塁、前原主将で3番の平良竜哉が4球目のインコース直球を思い切り振り抜いた。鋭い球足で左中間へ抜けていく打球を見届けると、「よっしゃー」とほえ、拳を握った。