翁長雄志知事は4日、県職員に向けた年頭あいさつで、沖縄防衛局が進める名護市辺野古の新基地建設について「県民の理解が得られない新基地建設を進めることは絶対に許されない」と強調し、阻止する考えを改めて示した。また、好調な観光や情報通信産業に引き続き注力し、医療や福祉分野の充実にも力を入れる考えを示した。