県内経済はかつてないほど好調を維持している。消費、観光、建設とも旺盛な需要が続く見通しで、りゅうぎん総合研究所によると、県内景気は拡大域に入ってから、今年で6年目となる。 景気拡大を受けて沖縄でも人手不足が激しくなっている。