台風21号の影響で27日、海路や空路でも離島を発着する便を中心に欠航が相次だ。

竹富の島々を結ぶ船は午前中で欠航し、カウンターは閑散とした=27日午前9時40分、石垣港離島ターミナル

 沖縄旅客船協会によると27日は離島便を中心に271便が欠航した。28日は先島諸島を発着する234便すべての欠航を決めている。沖縄本島地方の便については、各事業者が28日朝に判断する。

 空の便は27日、琉球エアーコミューター(RAC)の与那国と石垣を結ぶ2便と全日空(ANA)の那覇と石垣を結ぶ1便など、少なくとも3便が欠航した。

 28日は日本トランスオーシャン航空(JTA)が那覇や羽田と宮古、石垣を結ぶ便など32便を欠航。全日空(ANA)は那覇と宮古、石垣を結ぶ26便の欠航を決めているほか、琉球エアーコミューター(RAC)は那覇と宮古、石垣、与那国を結ぶ便など20便を欠航。ソラシドエアは那覇と石垣を結ぶ4便を欠航する。