新基地建設はあらゆる手段で阻止する-。沖縄県内に基地を造らせないと公約に掲げ、昨年12月に知事に就任した翁長雄志知事の「最大のカード」ともいえる手段が、名護市辺野古の埋め立て承認の取り消しだ。取り消しで事業者の沖縄防衛局(国)は、建設を進める根拠を失い、作業を停止せざるを得なくなる。