那覇市は5日、インフルエンザの流行が拡大する恐れがあるとして、インフルエンザ警報を発令した。

インフルエンザの予防、手洗いも忘れずに

 市内12カ所の定点医療機関の患者数は、第52週(昨年12月25~31日)に1定点当たり40・08人となり、警報発令基準の30人を超えた。内訳はA型305人、B型141人、不明35人だった。

 また、第51週(同18~24日)に保育所などでの集団発生報告が4件あった。