那覇市首里の中城御殿跡から龍潭に面した県道29号(龍潭通り)の沿道下から、明治以前に造られたとみられる旧水路の遺構が発掘されたことを受け、県は5日、旧水路を埋め戻すことを決めた。今後、旧水路を現状のまま保存することも視野に、擁壁の設置工事の工法を見直す。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。