非常に強い台風21号は、勢力を維持したまま西北西または北西へ進み、28日朝から夕方にかけて先島諸島に最も近づく見込み。石垣島地方は午前4時ごろ暴風域に入った。与那国島地方でも28日朝から暴風となる見込み。沖縄気象台は、先島諸島で暴風や高波への厳重な警戒、高潮、低い土地の浸水、土砂災害、河川の増水やはん濫に警戒を呼び掛けている。竹富町大原で午前2時25分ごろ、33・0メートルの最大瞬間風速を観測した。

台風21号の衛星画像(9月28日午前5時現在、気象庁HPから)

 台風は28日午前5時現在、石垣島の南約150キロにあって、時速約20キロで西北西に進んでいる。中心気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径150キロ以内は暴風域となっている。【タイムス+プラス編集部】