鹿児島銀行(鹿児島市、上村基宏頭取)は28日午前9時、那覇市銘苅の沖縄支店を開店し、沖縄県内での営業を始めた。当初は個人向けの預金、融資を中心に展開する。県外地銀の沖縄支店開設は戦後初めて。

 取引先企業の海外展開を支援する沖縄事務所も併設。那覇空港を拠点とする国際物流ハブを活用した鹿児島、宮崎の特産品の輸出も後押しする。

 開店前に開かれたセレモニーで松山澄寛副頭取は「鹿銀のノウハウを生かして、沖縄経済の発展のお手伝いをしたい」とあいさつした。