沖縄気象台によると、非常に強い台風21号の接近により、与那国町祖納で28日午後3時41分に最大瞬間風速81・1メートルを観測した。与那国島地方の統計開始以来の最高値を更新した。全国でも観測史上5位となった。

台風の目がくっきり(28日午後2時現在の気象衛星画像)

 与那国島与那国でも午後3時20分に64・7メートルを観測。同気象台は「引き続き与那国島地方では記録的な暴風が続く見込み。厳重に警戒してほしい」と呼び掛けている。

 沖縄県では1966年9月に宮古島で85・3メートル(全国3位)の最大瞬間風速を記録している。1位と2位は富士山の91メートル(1966年9月)と86メートル(1969年8月)。4位は高知県・室戸岬の84・5メートル(1961年9月)。