台風21号は28日、非常に強い勢力で先島諸島を暴風域に巻き込み台湾方面へ進んだ。与那国町与那国では、同日午後3時41分に最大瞬間風速81・1メートルを観測した。沖縄県内では1966年9月5日に宮古島で85・3メートルを観測して以来、49年ぶりに80メートルを超えた。国内では歴代5位。

台風で倒れたホテル敷地内の樹木。青色の防風ネットも強風にあおられていた=28日午後4時半ごろ、石垣市真栄里(新崎哲史撮影)

台風21号(28日21時現在)

台風で倒れたホテル敷地内の樹木。青色の防風ネットも強風にあおられていた=28日午後4時半ごろ、石垣市真栄里(新崎哲史撮影) 台風21号(28日21時現在)

 最大風速は同日午後4時8分に54・6メートルを観測し、最大瞬間風速と合わせて与那国島地方の観測史上の最高値を更新した。波照間島では同日午前11時55分に最大瞬間風速57・5メートルを記録した。午後10時20分までの24時間雨量は、与那国町与那国で203・0ミリを観測した。

 台風21号の猛烈な風雨で、与那国島では窓ガラスが割れたり電柱や街路樹が倒れるなどの被害があった。トタン屋根が吹き飛ぶなどの被害も報告された。沖縄電力によると石垣市、竹富町、与那国町合わせて最大で5900戸が停電した。与那国町では町内すべての世帯にあたる約1千戸が停電し28日午後11時現在、復旧のめどは立っていない。携帯電話やインターネットもつながらず、町民たちは孤立状態となっている。

 台風21号は、29日午前0時現在、台湾にあって勢力を弱めながら時速25キロで西北西に進んでいる。中心気圧は975ヘクトパスカル。最大風速は35メートルで、最大瞬間風速は50メートル。今後、中国大陸方面へ進む見込み。