我喜屋優監督が「もう一つの甲子園」と位置付けた国体で、興南は中京大中京に終盤で4-5と逆転され、4強を逃した。 4-1の八回、七回途中から登板の比屋根雅也が四球とバックの失策で走者をため、長打で2失点。