翁長雄志知事は28日、名護市辺野古の新基地建設に関する埋め立て承認を取り消す手続きとして、「聴聞」の実施を決めた。国連から帰国直後の25日に取り消す案もあったが、沖縄県が求めた意見聴取を国が拒否したため、法廷闘争を見据えて“安全運転”を重視。取り消し時期は、2~3週間延期される見通しだ。