埋め立て承認の取り消しをめぐり、「意見聴取」にこだわってきた沖縄県が国の主張に応じ「聴聞」の実施を決めた。取り消し後、法廷闘争に発展する可能性が高い中、法で定められた聴聞の手続きを踏んでいないことを瑕疵(かし)と指摘され、門前払いとなる事態を避けることを重視した。