-意見聴取から、なぜ方針を切り替えたか。 弁護士 本来、この件は行政手続法第4条の適用があり、聴聞は必要でない、適用除外であると考える。国の方が、行政手続法の聴聞によるべきだという態度をとっている。