沖縄県名護市辺野古への新基地建設に反対する市民らは29日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前で台風21号対策で畳んであった座り込み用のテントを再設置した。

 再設置は2時間弱で完了し、台風の接近で取りやめていた集会も開いた。参加者があいさつをした後、ゲート前をデモ行進し「新基地建設反対」「普天間を返せ」「新基地はいならい」などと声を上げ「沖縄を返せ」を合唱し、抗議の意志を示した。